取り替え頻度を低減させることができる

照明

LEDの照明器具を取り付ける場合、基本的には取り替えるのが不便な場所に取り付けることで、取り替え時を減らす目的があるといいます。また、取り替えるのが困難ではないにせよ、取り替える費用を抑えて経済的な負担を低減する為にとりつけるという人も多いです。特に高齢者や女性の場合、取り替えるときには身体的な負担を感じる人が少なくない為、一度取り替えたら長期間取り替えずに済むLEDの照明器具は利便性が高いといえます。交換するアイテムの種類によって大きさや重さなどの理由から業者に依頼するとしても、取り替え頻度が少なければ少ない程経済的な負担を低減できるため利用する人は少なくありません。

器具の交換と電球だけの交換では費用が違う

照明

どこにLEDの照明器具を取り付けるのかによって、料金相場は大幅に異なるため、取り付ける位置や大きさなどを確認して相場を調べましょう。蛍光灯サイズであれば平均的に1万円から3万円前後となっていますが、照明器具ごと好感した場合となるため、LED単体だけを交換した場合はさらに安いです。特に電球だけを交換した場合には費用が千円から2千円未満となることも多い為、利用する時には確認して利用しなければなりません。ただし、旧式の蛍光灯や白熱電球を使用していた場合、照明器具自身を交換しなければ交換した電球タイプや蛍光灯タイプの寿命を短くする可能性があります。あまりにも古い物の場合、交換しなければならない可能性もあるため、確認してから利用することが望ましいでしょう。

家電量販店と町の電気屋両方に相談しよう

電球

シーリングライトなどの照明器具場合は平均的に2千円前後となりますが、好感を電気店に依頼する場合、手間賃がかかるため1万円から2万円前後かかる場合が多いです。電気店によって取り付ける費用は大幅に異なるため、事前に見積もりなどを利用して料金の確認をすることが必要となります。大手の家電量販店と近隣の電気屋と両方に見積もりを取り寄せることで、納得できる交換を実現することが可能となるため、必ず確認して利用してください。なお、季節によっては工事代金が高額となることもあるため、あらかじめ工事が混雑する可能性の高い、新年度前後や賞与時期などを避けることが割安に取り付けるために必要です。なお、LEDライトの中には空気清浄機能など複合的な機能のついている物もありますが、取り付け費込みでトータル5万円から7万円前後かかるため、必要であれば購入するといいでしょう。工事代金を明確にしている店に相談して取り付けを依頼することで、安全に取り付けることが可能となります。

広告募集中