HOME>注目記事>LEDに交換するときに考えなければいけないこと
蛍光灯

普通のものとLEDは装着する仕組みは同じ

自宅の明かりとしてLED照明を使いたい場合、それにあった器具を用意しなければいけません。しかし、使いたいLED照明が電球や蛍光灯だった場合、昔からある器具がそのまま活用できるケースもあります。もしも、器具の取り替えを検討しているなら、まずはLED照明を購入して使えるかどうかを試してみましょう。普通のものもLEDも器具に接続する仕組みは同じなので、装着までなら行えるはずです。あとは実際にスイッチを入れてみて、無事に明かりがつくかどうかを試してみましょう。明かりがつかなかったときに初めて買い換えを検討すれば、現在使っている器具を無駄にすることはありません。

交換できないタイプのものもある

LED照明の器具を購入するとき、電球や蛍光灯が交換できるかきちんとチェックしましょう。実は器具の中にはLED照明を内蔵していて、それが取り換えられないようになっているものもあるのです。そちらはLEDの電球や蛍光灯が切れた場合、本体がまったく故障をしていなくても、器具自体を交換しなければいけません。もしも、それをもったいないと感じるならば、切れたときは自分で交換できるタイプの器具を購入したほうが満足できるでしょう。

明るさを確認しよう

LED照明を購入する場合、40ワット相当や100ワット相当などの明るさの目安があるので、きちんと確認したうえで購入しましょう。その数字は、普通の電球や蛍光灯に換算した場合、どのくらいのワット数の明るさになるのか説明してくれています。どのくらいの明るさが必要なのか考えて、自分に合ったLED照明を購入して器具に取り付けましょう。LED照明は普通のものよりも高いため、間違えないよう慎重に選んだほうがよいです。

広告募集中